筋トレで筋肉を効率良く追い込む為に行うテクニックについて④

筋トレで筋肉を効率良く追い込む為に行うテクニックについて④

 

⚪️SSTとは

「Sarcoplasm Stimulation Training」の略。「Sarcoplasma」は筋形質(筋繊維の細胞質)の事。
これにはミトコンドリア
(エネルギーを取り出す働きをするもの)
グリコーゲンや筋小胞体などが含まれており、
筋収縮時のエネルギーを与える役割をする性質があり、SSTとは筋形質の発達に着目したトレーニング法です。

⚪️SSTのプログラム

①6〜15レップスで
ポジティブフェイラーまで追い込む

②インターバル15秒

③重量を20%落として
5秒のネガティブレップスを行う

④重量を20%落として
5秒のポジティブレップスを行う

⑤重量を20%落として収縮ポジションで
45秒のアイソメトリク行なう

ポジティブフェイラーとは
自力ではあげることが出来ない状態のこと

ネガティブレップス
ネガティブ動作をゆっくり行なうこと

ポジティブレップス
ポジティブ動作をゆっくり行なうこと

アイソメトリクス
同じ姿勢のまま筋肉を緊張させること

⚪️FST-7とは

「 Fascia Stretch Training 7」の略です。
「筋・筋膜をストレッチする7セット法」となり
この7セットとは最後の種目のみに行うものです。
それまでは普通のトレーニングを行います。
そして、
最後の種目でインターバルを30秒にし回数は
8〜12レップスを7セット(全て同じ重量)で行う。
インターバル中やセット終了直後に
ポージング(ボディビルのポージング)を行って
収縮させるというバリエーションもあります。
こ強烈なパンプにより筋・筋膜をストレッチさせ
広げることで筋発達を促すというのが狙いです‼️

blogの記事で
トレーニングテクニックについて
・ドロップセット
・フォースドレップス
・チーティング
・レストポーズ
・アセンディングセット
・スーパーセット
・トライセット
・ジャイアントセット
・SST
・FST-7

ご紹介してきましたが、
このようなテクニックを行なう場合は
しっかりと理解して行なうようにしましょう。
まずストレートセットでオールアウト出来るように
なると、このようなテクニックは活きてきます‼️
一人ではなかなか追い込みを掛けるのは難しいので
パートナーやトレーナーをつけると効率良く
トレーニングを行なうことができますよ😉👍

 
パーソナルトレーニングのご依頼や
低糖質弁当に関してのお問い合わせは
👉tenikeiteni@gmail.com までお願いします。


筋トレをしてても
なかなか「成果を」出せない方!
もっと「成果」を上げたい方!必見‼️
身体が変われば人生変わります💪
是非、友達追加して下さい😊

LINEでも有益な情報や
BLOGの更新状況なども発信します。

👇クリック👇
友だち追加