インスリンが筋肉や脂肪に働くタイミングの説明について

インスリンが筋肉や脂肪に働くタイミングの説明について

👇クリック👇
友だち追加

 

こんにちは🤗
前回の記事では
“トレーニング前に必要な栄養”についてでした‼️
そのインスリンが筋肉にどのように作用するか…。

⚪️インスリン

筋肉を増やすときに、重要となるホルモンです。
・男性ホルモン
・成長ホルモン
・インスリン

この3つのホルモン分泌が筋肥大に必要です。
インスリンの場合は筋肉に作用するだけでなく
脂肪を増やす作用もあるので注意したいです。

インスリンの分泌は
「基礎分泌」「追加分泌」の二種類があります。

・基礎分泌
インスリンは常にごく少量が分泌されている。
・追加分泌
食事をして血液中にブドウ糖が流れ込んで起こる。
※どちらも血糖値を一定に保つために働いています。

■インスリンの役割

◆メリット◆
・アナボリック環境をつくる事で筋肥大に繋がる
・コルチゾルなどを低下させて筋分解を防ぐ
・グリコーゲンアミノ酸細胞内に運搬・向上
・甲状腺ホルモン活性低下防ぎ代謝を高く保つ
◆デメリット◆
体脂肪増加

👇詳しい内容に関してはこちら👇
※画像をクリックしてページにアクセス

■インスリンの働き

インスリンの働きについて、順序があります。
①「筋肉」に働く
②「肝臓」に働く
③「脂肪」に働く
これを"インスリン・ヒエラルヒー"といいます。
その為、筋肉が多い人の方がインスリンの作用により
脂肪が増える可能性は低くなるという事に繋がります。

筋肉量が多いと太りにくというのは

・基礎代謝が高い
・インスリンの働き

この2つが重要になってくるという訳です。
筋肉が少ない人が太りやすいのは、代謝が悪いだけでは
なくて"脂肪にインスリンが働く割合が大きい"という
可能性がある為、脂肪が増えやすくなるという事です。

インスリンを細胞にうまく働きやすいことを
『インスリンの感受性が高い』と表現します。
逆にインスリンを細胞にうまく働かないことを
「インスリンの抵抗性」と表現します。

■インスリンの感受性

それでは、インスリンの感受性がタイミングって
どのタイミングだと思いますか❓🤔

正解は「トレーニング」です‼️
トレーニングを行うことで、
"筋肉におけるインスリンの感受性が高くなります"
トレーニング直後〜3時間の間は筋肉のインスリンの
感受性が非常に高く、このときはインスリンが大量に
分泌されたても、脂肪細胞に働く割合が少なくなる。

そうなると、トレーニング後の栄養摂取が重要‼️
その内容も記事にしてありますので参考にして下さい。

※画像をクリックしてページにアクセス

私の場合だと、
トレーニング前 糖質◯g アミノ酸◯g
トレーニング中 糖質◯g アミノ酸◯g
トレーニング後 アミノ酸◯g
10〜20分後 糖質◯g プロテイン◯g
1時間後 (食事) たんぱく質と炭水化物を摂取

具体的に、
トレーニング中に大量の糖質とアミノ酸を摂取。
※トレーニング中に飲み切ります。
トレーニング終了直後にアミノ酸を摂取。
・血流が筋肉にいっている
・交感神経が優位になっている
・消化能力が低下している
※消化の必要がないアミノ酸を摂取。
トレーニング終了後に「糖質 +プロテイン」を摂取。
1時間ほどして高糖質・高タンパクの食事をする‼️
⚠️適切な量とタイミングが重要ですよ。

少し話がそれましたが…
インスリンの感受性を高める方法をご紹介します。

⚪️インスリンの感受性の高め方

トレーニング後はインスリンの感受性が高い‼️と
いう事は説明したので、その他にもどのようにしたら
インスリンの感受性を高める事が出来るのでしょう❓

栄養素をサプリメントでご紹介していきます。

・EPA
EPAはアディポネクチンを分泌させる働きがあり
インスリンの感受性を高めてくれる効果があります。
主に青魚に含まれる栄養素です。
・魚が苦手な方
・食べる習慣のない方
そういう方は、サプリメントから摂取しましょう‼️

🍀iHerb 『EPA』
↑クリックで購入

・αリポ酸
αリポ酸は筋肉細胞で活性し筋肉においての
インスリンの感受性を高める効果があります。
他にも色んな効果があるので、また紹介します。
🍀iHerb
↑クリックで購入

・亜鉛
インスリンは α鎖とβ鎖の二つのペプチドから
作られるもので亜鉛はその二つを繋ぐ役割りがあり
亜鉛が不足すると、インスリンは作られないです。
🍀 iHerb
↑クリックで購入

・クロミウム
インスリンの感受性を高める為に有効的なもの。
🍀 iHerb
↑クリックで購入

他にも有りますが…
今回は代表的なものだけをご紹介しました🤗
是非、参考にしてみてくださいね‼️

⚪️まとめ

筋肉をつけるには、インスリンというホルモンが必要。
しかし、インスリンの感受性が良くないと筋肉に働き
かける割合よりも脂肪合成に働く割合が高くなる為、
インスリンの感受性を高める必要があります。

「トレーニング」を行う事でインスリンの感受性を
高めてくれる。さらにトレーニング後の栄養摂取を
うまく行えば、筋肉へ栄養をしっかり送り込めます。

インスリンの感受性を高める栄養もご紹介しました。
ご紹介したサプリはインスリンの感受性を高めるだけで
なく他にも色んな効果が期待できるので、その内容は、
ブログにアップしていこうと思います!!

パーソナルトレーニングのご依頼や
低糖質弁当に関してのお問い合わせは
👉tenikeiteni@gmail.com までお願いします。


 

筋トレをしてても
なかなか「成果を」出せない方!
もっと「成果」を上げたい方!必見‼️
身体が変われば人生変わります💪
是非、友達追加して下さい😊

LINEでも有益な情報や
BLOGの更新状況なども発信します。

👇クリック👇
友だち追加