筋トレをしてもなかなか身体が変わらない人に共通していること

筋トレをしてもなかなか身体が変わらない人に共通していること

👇クリック👇
友だち追加

ここ最近、筋トレをしている人が増え、フィットネス競
技であるボディビルやフィジークなどのコンテストも盛
り上がってきていて、フィットネスに参入しやすい時代
になりつつある。
.
そこで、僕がジムに通ってて、感じることがあります。
.
⑴身体が変わっていく人
⑵身体が全く変わらない人

.
両者ともに頑張ってみえるということですが…。
それではなぜ身体が変わる人変わらない人に分かれま
すが、その違いとは?その原因の話しをしていきます!
.
1.重量にこだわり過ぎている
これはジムでよく見る光景です…。
もちろん使用重量を伸ばしていくのも重要ですし、重た
いものを持つというのもトレーニングの醍醐味である!
しかし、フォームを崩してまでの重たいものを扱う必要
はなく
、トレーニング上級者であればチーティングなど
のテクニックを使う
場合もありますが、基本的にはフォ
ームを崩してまで行う必要はない
と思っています。
.
例えば
①サイドレイズ
この種目で重たいものを振り回している人が多く、肩に
はあまり効いていなくて、僧帽筋などにダメージが分散
している人が多い
です。
.
②ラットプルダウン
この種目も重たいものを引っ張っている人が多く、身体
を過度に後ろに反らしたり、背中が丸くなった状態で引
ので腕や肩や僧帽筋にダメージが分散している人も多いですね。
.
③ベンチプレスなどのプレス系
プレス系は高重量で行えるが、可動域が狭くなり全く下
げれずに行なっている人もいます
が、自分に合った重量
で適切な可動域で行なう方が良い
でしょう。
.
要するに『重たいものを無理に扱おうとする』という事
で、筋肉にストレスを掛けないといけないのに、関節や
腱にストレスが掛かり怪我の原因にもなる場合もある。

正直言って、軽いウエイトでも筋肉に適切なストレスが
掛かれば、筋肥大は可能です。

あえて重量へのこだわりは捨て、現在使用している重さ
を20%〜30%下げて丁寧に行う
方が良いでしょう。
.
実際、私も高重量にこだわる時期もありますし、ウエイ
トを下げて対象としている筋肉に効かせるトレーニング
を行う時期もありますが、両者とも筋肉を発達させるの
に必要な刺激ということに変わりはありません。

.
2.強度が足りない・強度が高すぎる
こちらもジムでよく見る光景ですね…。
トレーニング初級者にありがちな強度が低いというのは
軽いウエイトで行なっていたり、フリーウエイトでのト
レーニングではなく、強度の低いマシンエクササイズし
か行なっていないという事です。


↓フリーウエイトとマシンの特徴↓
http://fitnessbodylife.net/2018/01/29/post-21/

マシントレーニングはフリーウエイトに比べると、強度
は低くい
ので、強度の低い種目ばかり行っても効果は薄
く、なかなか身体が変わらないという事に繋がります。
.
逆に必要以上に追い込んでいる人も沢山います。
僕は追い込めばいいってものでもないと思っています。
オールアウトさせる為にドロップセット・レストポーズ
フォースドレップ・スーパーセット
などありますが、こ
の意味を分かっているならこのようなテクニックを使う
のもありですが、まずはテクニックを使わずにオールア
ウトできると、そのようなテクニックが活きてきます。


↓ドロップセット・フォースドレップ・チーティング↓
http://fitnessbodylife.net/2018/01/29/post-29/

↓スーパーセット・ジャイアントセット↓
http://fitnessbodylife.net/2018/01/29/post-35/

他にも、何種類も何セットもしてる人もいますよね?
色んな角度から筋肉にストレスを掛ける必要があるので
それはそれで良いのですが、それだけのパワーが残って
いるのであれば1種目、1セットに力を出し切る方が確
実にオールアウトできる
と思います。
トレーニングは修行ではありませんからね。

3.栄養が足りていない
1・2が当てはまらないという方は、もしかすると栄養
が足りていない可能性が高いかも知れませんね。

身体を作るのには食事が重要になりますし、サプリメン
トを摂取することにより、相乗効果を得られます。


まずは基本的な三大栄養素を見直すことからですね。
活動量に合わせて、ミールプラン(食事計画)を立てて
栄養摂取をしていかなければいけません。


炭水化物
白米・玄米・オートミール・蕎麦・芋

タンパク質は
鶏胸肉・牛モモ肉・豚ヒレ肉・卵・鯖・鰯・サーモン

脂肪は
アーモンド・クルミ・魚油・オリーブオイル

このような食材を活動量に合わせて食事をしていき
どの食材が体に合うかは、試してみないと分からないの
で色々試して、ミールプランを立てると良いですね!!

↓栄養に関しての記事が↓

三大栄養素について
http://fitnessbodylife.net/2018/03/25/post-1586/

オススメの野菜について
http://fitnessbodylife.net/2018/03/20/post-1460/

ビタミンについて
http://fitnessbodylife.net/2018/02/13/post-564/

このような記事も参考にしてみて下さい!


◯まとめ◯
身体が変わらないのは、単にトレーニングに原因がある
のかも知れませんし、栄養摂取に原因があるかも知らな
いので、もしトレーニング面を見直すとすれば
・使用重量を下げるor上げる
・フォームを見直す
・強度を上げるor下げる
・フリーウエイトもマシンも均等に行う
・ドロップセットやスーパーセットに頼らない


栄養面を見直すのであれば、
・食事の質を変える(低GIなど)
・食べるタイミングを変える
・1日の食事量を変えずに1回の食べる量を変える
・足りない栄養はサプリメントで補う



パーソナルトレーニングのご依頼や
低糖質弁当に関してのお問い合わせは
👉tenikeiteni@gmail.com までお願いします。


 

筋トレをしてても
なかなか「成果を」出せない方!
もっと「成果」を上げたい方!必見‼️
身体が変われば人生変わります💪
是非、友達追加して下さい😊

LINEでも有益な情報や
BLOGの更新状況なども発信します。

👇クリック👇
友だち追加