ビタミンAの効果と改善する症状・副作用・過剰症・サプリメントについて

ビタミンAの効果と改善する症状・副作用・過剰症・サプリメントについて

 

ビタミンAで改善する症状

①感染症の予防

②アレルギーの改善

③肌荒れの改善

④成長促進

⑤関節炎の改善

その他に

アンチエイジング

貧血の改善

不妊の改善など…

 

①感染症の予防

風邪、インフルエンザなどのウイルス感染の予防。

ビタミンAは粘膜の保護(強化)の役割があり、粘膜の乾燥を防いだり、Iga抗体の産生を行ない粘膜(バリア機能)の免疫を向上させることに繋がる。

 

②アレルギーの改善

ビタミンAは粘膜の保護(強化)の役割があり、粘膜の乾燥を防いだり、Iga抗体の産生を行ない粘膜(バリア機能)の働きを良くすることで、アレルギー反応を起こさないようにする。

※感染症と同じ理由

※亜鉛と相互関係

③肌荒れの改善

乾燥肌ニキビやアトピーの症状に有効。

ビタミンAは皮膚の潤い(コンドロイチン)を保つ作用や細胞の分化にも必要な栄養素。

 

④成長促進

成長ホルモンの合成に必要な栄養。

※亜鉛と相互関係

 

⑤関節炎の改善

ビタミンAは軟骨の合成に必要な一つの栄養素。

プロテオグリカン集合体(ヒアルロン酸+コンドロイチン+タンパク質)の成分でもあるヒアルロン酸とコンドロイチンの合成にビタミンAが必要。

※ビタミンCと同時摂取で効果的

 

ビタミンAの飲み方

一般の方

飲む量→2000〜5000IU/日

飲む回数→1〜3回

 

症状改善

飲む量→10000〜50000IU(上限)

飲む回数→1〜3回

 

※妊娠中は上限10000IU(天然ビタミンA)

奇形児のリスクが高まるとされている。

 

一緒に摂取したい栄養素

・オメガ3

・レチシン

※脂溶性ビタミンは脂と摂ると吸収効率UP

・ビタミンE

・亜鉛

・鉄

※相互関係

 

過剰症

・頭痛

・肌荒れ

・脱毛

・食欲不振

・筋肉痛

 

予防するには?

①天然のビタミンA

天然のビタミンAは魚の肝油由来なのでビタミンAが豊富に含まれている。

②期間を決める

 

③タンパク質の摂取

タンパク質とビタミンAが結合することで過剰症になりにくい。

 

④ビタミンDの摂取

ビタミンDは拮抗するビタミンなので、ビタミンAの過剰摂取の場合はビタミンDを摂ると良い。

 

⑤ビタミンCの摂取

ビタミンCと一緒に摂取すると過剰症のリスクを下げることができる。

 

オススメのサプリメント

Bluebonnet Vitamin A(天然ビタミンA)

※クリックを押すと商品ページにアクセスできます。

 

 

now Vitamin A

※クリックを押すと商品ページにアクセスできます。

 

SNS

YouTube←クリックでアクセス

Instagram←クリックでアクセス

Twitter←クリックでアクセス

 

↓パーソナルのご依頼はこちら↓

https://lin.ee/xJFAwCm

ボディデザイナーとして大阪で活動中。

・パーソナルトレーニング

・出張パーソナルトレーニング

・オンラインコーチング

・セミナー講師

・ブログ

・ユーチューブ 撮影・動画編集

・ローストビーフ代理店

・トレーニングマシン代理販売店